2.タイ中央部の知識

王宮、チャイナタウン、シーロム通り、サイアム・スクエアなど、歴史とトレンドが邂逅するタイの首都バンコクを中心に、映画にも使われた有名な橋もあるカンチャナブリー、タイ王室御用達の保養地ホアヒンでの見どころや注目のアクティビティ、国教でもある仏教伝来の街ナコーンパトム、西欧文化の息吹きが今でも残るリゾート地チャアム、タイを代表する世界遺産アユタヤに関する基礎知識を学ぶことができます。

ご登録頂くと、学習コンテンツ追加のお知らせや、修了テストのお知らせ等をメールでお届けします。

大都会の賑わいと厳かな仏教文化が息づく「天使の都」バンコク

古今の歴史と仏教文化が見事に調和したタイ王国の首都バンコクは、タイ語でクルンテープといい、「天使の都」という意味をもちます。1782年、ラマ1世によってこの地へ遷都されて以来、タイの政治・経済・教育・文化の中心であり続け、近年は「東南アジアのハブ」と称される先進的な国際都市へと成長を遂げています。しかしバンコクの魅力は、そのようななかにあっても、そこかしこに人々の暮らしの息づかいを感じられるところにあります。

ワット・プラ・ケオ

バンコク市内、特に王宮周辺には仏教寺院の壮大な建築物の数々が建ち並びます。1782年ラマ1世がチャクリー王朝を開いた時に護国寺として建てられた、エメラルド寺院の通称で知られるワット・プラ・ケオは、タイ国で最高の地位と格式を誇り、僧侶がいない唯一の寺院です。ほかにも巨大な涅槃像に加えタイマッサージの総本山としても有名なワット・ポー、三島由紀夫の小説「暁の寺」に描かれ、チャオプラヤーの川辺に端整な面持ちで佇むワット・アルン等があり、その規模、細部にまで凝らされた意匠の芸術性、由緒ある歴史とどこをとっても素晴らしいものばかりです。ここ「天使の都」バンコクでは、タイの人々の仏教の教えに対する思いを感じ取ることができます。スワンナプーム国際空港からバンコクを訪れる場合、エアポートレイルリンクに乗り、バンコク市内の「マッカサン駅」で地下鉄に乗り換えることができます。

ソンクラーン

4月13日から15日の間、タイ全土で旧正月に行われる水かけ祭り・ソンクラーンが行われますが、バンコクでは毎年、大規模イベントが多数開催されます。4月13日の本番前には、「ソンクラーン」の歴史や各地方の伝統文化を表現した華やかなパレードが街を練り歩き、ソンクラーンの季節がやってきたことを人々に知らせます。ソンクラーンの本番、4月13日から15日の間にひときわ盛り上がりを見せるのは、「シーロム通り」と、バックパッカーの聖地「カオサン通り」。大規模な水かけ合戦が行われ、地元の若者や外国人旅行者で大賑わいとなります。

寺院と共に歩んできた首都バンコクの有史

ラマ1世がチャクリー王朝を開く前、1752年に建立されたと伝えられる寺院、ワット・イントラウィハーン。当初は、ワット・ライピリックと呼ばれていましたが、後にトンブリ王(1767~1782年)がラオスからインタウォン王子を人質として周辺に住まわせ、その王子が寺院の修復を施したことから現在の名がついたとされています。

ワット・スタット

ワット・スタットは、19世紀の初め、ラマ2世の時代に建てられました。高さ6メートルの台座の上に安置されている、スコータイから運ばれてきた高さ8メートルのシーサカヤムニー仏像は、もっとも美しい仏像とされ、タイ最大の青銅の仏堂でもあります。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)

シー・アユタヤ通りにあるワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)は、ラマ5世の時代に建てられた寺院です。クラシックな外観が美しく、ステンドグラスの窓やイタリア ガララ産の大理石などにヨーロッパの影響が見受けられます。青銅の仏像が並ぶ外回廊は壮観で、世界でも最も素晴らしい寺院のひとつと評されており、毎年多くの人々が訪れます。

歴史とトレンドが邂逅するバンコク注目エリア

モダンな高層ビル群の道すがら、小さな祠に手を合わせる人々の姿が印象的なバンコク。古今の歴史と最新トレンドが入り交じる注目エリアを5つ紹介します。

【1】王宮周辺

王宮周辺

王宮周辺は、チャオプラヤー川と運河に囲まれたラッタナコーシン島(コ・ラッタナコーシン)と呼ばれる旧市街で、バンコク発祥の地です。荘厳かつ華麗な王宮をはじめ、街のいたるところに由緒ある仏教寺院の黄金に輝く伽藍を見ることができます。国立博物館、大学、官庁、そして歴史的建造物などが集中していながらも、表通りから一歩入れば昔ながらの商店や屋台、民家が軒を連ねます。バンコクの伝統的なラタナコーシン様式の家屋が見られるラーマ2世記念公園や、ラーマ5世の別荘として建てられた総チーク造りの巨大な3層建築ウィマンメーク宮殿などの文化財も多くあり、ラッタナコーシン島からトンブリーへの交通渋滞を緩和するための王室プロジェクトとして建てられた「ラーマ8世橋」は、バンコクのランドマークにもなっています。

【2】チャイナタウン(BTS)

チャイナタウン

ヤワラー通りにありアジア有数の金行街としても有名です。ラッタナコーシン島と呼ばれる旧市街の南東を中心に、まさに下町といった賑わいを見せるバンコクの中華街。バンコク誕生当初から中国系住民が代々暮らすこの街は、昼夜を問わない喧騒とノスタルジックな風情にあふれています。

【3】シーロム通り周辺

シーロム通り周辺

チャイナタウンのさらに南東、シーロム通り周辺は、シーロム通り、スラウォン通り、サトーン通り、シープラヤー通りを中心とするバンコクのビジネス街。大小の企業がオフィスを構え、平日はサラリーマンやOLの姿が目立ちますが、もともとは欧米人の居留区としてつくられた歴史がある地域です。

【4】サイアム・ラーチャダムリ周辺

サイアム・ラーチャダムリ周辺

旧市街ラッタナコーシン島の東方約5キロメートル、サイアム・スクエアからラーチャダムリ通り周辺にかけては、小さなお土産から最新の高級ブランド品まであらゆるものが揃うバンコク最大のトレンディなショッピングエリア。老舗百貨店、オリジナル雑貨店、タイ発のデザイナーズブランドのお店などが混在し、ファッションに敏感な若者たちや観光客などで一年中あふれています。タイのシルク王と呼ばれ、古美術収集家としても有名な「ジムトンプソンの家」に行くには、BTSの「ナショナル・スタジアム駅」で下車します。また、グランドハイアット・エラワン・ホテル前にあるバラモン教の天地創造の神「ブラフマー」を祀った祠「プラ・プロム(エラワン廟)」は、タイで最も霊験があるといわれ、参拝客のほか、運転中のドライバーまでもが祠の前では手を合わせます。

近年ではナイトマーケットやルーフトップバーなど、バンコク周辺のフォトジェニックなスポットに注目が集まっており、このエリアを一望できる「ワット・サケット」も人気の絶景スポット。ラーマ5世の時代に完成した高さ80メートルほどの黄金の丘「プーカオ・トーン」からは360度見渡せる回廊が広がっています。

【5】スクンビット周辺

スクンビット周辺

閑静な高級住宅街としてバンコクの東に発展したスクンビット。近年ではカジュアルなカフェレストランやスイーツのお店、ブティック、雑貨屋なども続々とオープンしています。

チャトゥチャック・マーケット

また、バンコク北東部には観客席数が2,000席もあり、ギネスブックにも登録されている世界最大級の劇場「サイアム・ニラミット」があり、地下鉄「タイカルチャーセンター駅」から行くことができます。北部の地下鉄「カンペンペット駅」付近では、保健省の指導で、品質並びに衛生管理もチェックされており、質の良い食材がそろうオートーコー市場が開かれます。道路の向かい側では、店舗数が1万以上あるといわれるバンコク名物巨大マーケット、チャトゥチャック・マーケットが毎週土曜日と日曜日だけ開催されますので、予定が合えば両方楽しむのも良いでしょう。おしゃれなデザインの洋服や最新のファッション、また伝統的な民族衣装や古美術品、楽器、生活雑貨などを買い求める外国人観光客も多く、週末に訪れる人気のスポットとなっています。

悠久の大自然と遺跡群に出合う街、カンチャナブリー

クウェー川鉄橋

総面積19,485㎢で、タイで3番目に大きいカンチャナブリー県。エラワン国立公園やサイヨーク国立公園などを擁し、山と渓谷美あふれる風景明媚な自然の宝庫として知られています。なかでも有名なのがクウェー・ヤイ川に架かる全長250メートルのクウェー川鉄橋。日本軍が敷設した泰緬鉄道が通る橋で、映画「戦場に架ける橋」の舞台になったことでもよく知られています。また、「カンチャナブリー駅」から終点の「ナムトック駅」まで、泰緬鉄道に乗車するのもおすすめのルートです。「タムクラセー駅」付近では、木造のアルヒル桟道橋付近にあるS字カーブをゆっくりと通過しながら、ゆるやかに流れるクウェー・ノイ川の眺めを楽しむことができます。また、第二次大戦中の日本軍が倉庫として使っていた洞窟「ワット・タムカオプーン」(カオプーン洞窟)などもあります。

ムアン・シン歴史公園

カンチャナブリーに点在する、考古学的にも重要な赤土れんが造りの壁の遺跡「ムアン・シン歴史公園」。ムアン・シンはタイ語で「獅子の都」という意味。 12〜13世紀頃、クメール王国の覇権拡大に功績のあったジャヤヴァルマン7世王が建立したと言われています。ラテライト煉瓦造りの建物は遥か東のアンコールワットの方角を向いて立ち、大きな塔堂の周りを小さな塔堂が囲んでいます。

エラワン滝

市内から北へ約65キロメートルのところにあるエラワン滝は、「タイで一番美しい滝」といわれる全長1500メートルの大規模なもの。木陰で涼みながら清流を泳ぐ魚を見たり、7段に分れた最上段の滝つぼで水浴びすることもできます。付近には鍾乳石が連なる洞窟も多く、自然を満喫することができます。

スパンブリー県

また、カンチャナブリーに隣接するスパンブリー県は米などの農産物や淡水魚の産地として、また、ドン・チェディ記念像やワットプラノーンなど観光スポットや歴史ある地として知られています。1994年にタイで最初に作られたバンハーン・ジャムサイ・タワーやタイで唯一のあおむけ涅槃像が安置されているワット・プラ・ノーンなどがあります。

トゥンヤイ・ファイ・カ・ケン

バンコクから北西に約350kmの位置に、「タイ最大で最後の原生地域」「最後の未踏の地」と言われるトゥンヤイ・ファイ・カ・ケン野生生物保護区があります。ウタイターニー、カンチャナブリー、タークの3つの県にまたがる野生生物保護区は総面積が6,225平方kmあり、西部分はトゥンヤイ・ナレスアン、東部分はファイ・カ・ケンに区分されています。1991年にUNESCOの世界自然遺産地域に登録されました。

気品漂うロイヤルリゾート地ホアヒンで休日のひとときを

ホアヒンビーチ

バンコクの南西約200キロメートル、タイ湾を挟んでパタヤの対岸に位置するプラチュアッブキリカン県のホアヒンは、王室の保養地として古くから発展した優雅な気品漂うリゾート地です。
南北約5キロメートルにわたって美しい白浜が続くホアヒン・ビーチ。1911年にバンコクから当時英国の植民地だったマレーシアへと続く鉄道が開通し、この地へ欧米人が保養に訪れるようになったのがリゾートとしての歴史の始まりです。その後、ビーチ沿いに王室の別荘が次々と建てられ、現在のような静かで格調高い雰囲気がつくられていきました。またタイで最も美しい鉄道駅と言われるホアヒン駅のプラットフォームにも、かつて王室が利用した専用待合室が残され、そのこぢんまりとしながらも品の良いたたずまいがロイヤルリゾートとしての歴史を物語ります。

ホアヒン駅

ホアヒン郊外のワイナリーで造られているワイン「モンスーンバレー」も有名で、良質な土壌を生かしたホアヒン初のブドウ園「モンスーンバレーヴィンヤード」では醸造所、レストラン、ツーリストセンターを併設しているほか、象に乗ってブドウ畑を見物するエレファントツアーも人気です。

スアンソン・ビーチ

また、ホアヒン・ビーチから車で約25分ほどの距離にあり、"松庭園"を意味するスアンソン・ビーチも隠れ家的ビーチとして地元タイ人の人気スポットとなっています。

お釈迦様の教えがもたらされた仏教伝来の街、ナコーンパトム

プラ・パトム・チェディ

全高120.45メートル、タイ最大、世界最大級の高さを誇る釣り鐘上の黄金の仏塔プラ・パトム・チェディがシンボルとしてそびえるナコーンパトムはバンコクから西へ55キロメートルのところにあります。インドシナ半島の中で、最初にインドからの僧によってお釈迦様の教えがもたらされた仏教伝来の街で、ザボン(ポメロ)の産地などとしても有名です。
プラ・パトム・チェディに現存する塔は17年間の修復期間を経て1870年に完成し、全国から巡礼者が訪れる仏教の聖地となっています。仏塔内には仏舎利が納められ、仏塔の南側には県内で発掘されたモーン族最初の国家・ドヴァーラヴァディーに関する出土品を展示する国立博物館もあります。

サナーム・チャンドラー宮殿

プラ・パトム・チェディから西へ2キロメートルのところにあるのが、総面積約1.4平方キロメートルもの広大なサナーム・チャンドラー宮殿。ラマ6世が皇太子時代の1907年にプラ・パトム・チェディを巡礼に訪れた際、住居兼別荘として建てられたものです。緑あふれる庭の周りには、住居だった西洋建築のピマーンパトム宮殿をはじめ、劇場を兼ねた集会所として用いられたタイ様式の建物サマッキー・ムックマート宮殿など、複数の建物が廊下で連なる美しい宮殿として知られています。

西欧文化が色濃く残る離宮の数々、チャアム

チャアム

バンコクの南西約170キロメートル、ペッチャブリー県のチャアムは隣接するホアヒンとともに、優雅な雰囲気が漂うリゾート地です。もともとは静かな浜辺の漁村でしたが、王室の保養地であるホアヒンにつづいて別荘がつくられるようになり、モダンなビーチ・リゾートや高級ホテルなどが集まる現在の街並みとなりました。

プラナコーンキリ国立歴史公園

チャアム周辺はバンコク王朝歴代王の離宮が建てられた場所としても有名です。チャアムの北へ約35キロメートル、カオワン丘の上に建つプラナコーンキリ国立歴史公園の宮殿はラマ4世の夏の離宮で、ヨーロッパと中国の様式を折衷したネオ・クラシックスタイル。一方、プララーム・ラーチャニウェートは、ラマ5世の命を受けたドイツ人建築家による、バロックとアールヌーヴォースタイルを取り入れた設計。そして、チャアムの南へ約12キロメートルの海岸沿いにあるマルッカタイヤワン宮殿はラマ6世の離宮で、イタリア人により設計された高床式宮殿で、ヨーロッパとタイの様式をミックスさせたチーク造りの建築です。いずれも西欧文化の影響を受けた19世紀から20世紀初頭にかけて建設され、歴代王の当時の暮らしぶりを垣間見ることができます。

カオ・ルアン洞窟
©iStock.com/nipastock

「Royal Cave」を意味する神秘的なカオ・ルアン洞窟は、ナンクラオ王とモンクット王に捧げるためにチュラロンコーン大王が作らせた仏像が奉られている県内で最も重要な洞窟です。モンクット王がここの静けさを好み、頻繁に瞑想に訪れ多くの仏像を残しました。洞窟の上部の岩の裂け目から漏れ射す明かりが仏像を荘厳に照らします。

王朝の往時を偲ばせる壮大な遺跡群、アユタヤ

ワット・マハタート

1351年にウートン王によって建都されてから、1767年にビルマ軍の攻撃で破壊されるまでの417年間、アユタヤ王朝の都としてタイの中心であり続けた都市です。かつて王室儀礼が執り行われ、歴代3人の王が眠っている王宮寺院のワット・プラ・シーサンペット、初代王ウートンの菩提寺ワット・プラ・ラーム、長い年月ののち木の根で覆われてしまった仏像の頭が残るワット・マハタート、高さ約57mの大座仏像が納められているワット・パナン・チューン、凄まじい王位継承争いで亡くなったふたりの兄のために8代王ボロムラーチャー2世が建立したワット・ラーチャブラナ、ビルマ軍の破壊を免れたワット・ナープラメンなど、「コ・ムアン」と呼ばれる島状の中心部に広がる歴史公園には、アユタヤ王朝の繁栄ぶりを偲ばせる多くの遺跡があります。

ワット・チャイワッタナラーム

現在、大きく迂回するチャオプラヤー川の西側にあるワット・チャイワッタナラームは、乃木坂46メンバーを真似してスケール感のある素敵な写真が撮影でき、夕方のライトアップも幻想的な撮影スポットとして注目の遺跡です。一方、アユタヤ島の外緑の北東方面には、アユタヤ王朝以前の建立とされるワット・マヘーヨン、ワット・クディ・ダーオといった遺跡があります。

手長エビ

アユタヤの中心地から南へ約11キロメートル、かつて関所があったカノーンルアンでは、ゴーンコーン市場が土日のみ開かれます。売るほうも買うほうもしゃがんで(ゴーンコーン)品物を選ぶという昔ながらのマーケットとが再現されています。北西へ約50キロメートル、パックハイ郡のラードチャドー市場は、趣のある木造長屋に雑貨屋、惣菜屋、食べ物屋などの商店が軒を連ね、古き良きタイの風情を感じることができると評判です。また、涼しい風が心地よい川沿いのレストランや屋台が人気で、アユタヤ名物の手長エビも堪能できます。リバークルーズを楽しみながらのディナーも格別です。ほかにもプラ―タピアン(魚モビール)、ロティサイマイ(綿あめクレープ)などもアユタヤの名産物です。
また、アユタヤの北に隣接する都市ロッブリーはサルの街としても知られ、旧王朝の遺跡が残ります。アユタヤとあわせて足を運んでみても良いでしょう。

日本人村

16世紀初め、御朱印船貿易に携わった日本人たちが築き、最盛期には2000~3000人以上もの日本人が住んでいました。日本人の多くは、アユタヤの傭兵としてビルマ軍との戦いにも参戦。日本人町の町長、山田長政は22代ソンタム王から官位を与えられるほど大活躍しましたが、1630年に憤死。日本の鎖国で18世紀初めにはこの街も消滅、敷地内には石碑や2007年に日タイ修交120周年記念館が設立され、友好の歴史を知ることができます。また、この時に、ポルトガル人女性と日本人の間に生まれた方が、現在のタイで伝統デザート菓子となった卵黄を使ったお菓子を広めたといわれています。

バン・パイン宮殿

バン・パイン宮殿は、1637年、アユタヤ王朝24代目のプラサート・トォン王が建てた宮殿で、歴代の国王たちが夏を過ごす別荘として利用されていました。1767年のビルマ軍攻略以降、しばらく放置されたままでしたが、チャクリ王朝のラーマ4世と5世によって、現在のように再興されました。離宮には、パビリオンと呼ばれる5つの館が点在しています。湖の中央で華やかな光を放つタイ風建築のプラ・アイサワン・ティッパート、内部見学も可能の中国風建築が美しいプラ・ティナン・ウィハット・チャムルン、ルネッサンス風のプラ・ティナン・ワロパット・ピマンなど見どころ満載。緑が美しい庭園も必見の価値ありです。

まだまだある訪れてみたいタイ中央部のおすすめスポット

タラードナーム・アンパワー
©iStock.com/nimon_t

タイ中央部には、時間をつくって訪れてみたいスポットがたくさんあります。タイで人気の水上マーケット、タラードナーム・アンパワーはそのひとつです。バンコクから車で約1時間半とアクセスがよく、古い伝統家屋や長屋が残り、地元住民も昔ながらの水上生活を続けていることから、古き良き時代のタイを求めて、近年ではバンコク在住のタイ人、いわゆる都会の若者といわれる層から人気を集めています。

ピンクのガネーシャ像

バンパコン川岸にあるワット・ソートーンは、アユタヤ王朝末期の1764年に建立された歴史のある寺院で、かつて「ワット・ホン」と称されていました。タイでは知らない人はいない、どんな願いも叶うという黄金の仏像が有名です。
巨大なピンクのガネーシャ像で有名なワット・サマーン・ラッタナーラームは、バンコクから車で1時間半ほどのチャチューンサオ県にあるお寺です。祈願成就までのスピードが大変速いご利益寺として、タイの人々の間では元々人気のあるお寺でしたが、SNS映えするそのインパクトある姿から、観光客の間にも広まってきました。バンコク発の半日ツアーなどを利用して行くのがお勧めです。

ラーチャブリー

タイ国政府観光庁がプロモーションを行う「12の秘宝都市」の一つ・ラーチャブリーは、バンコク近郊にあるののどかな芸術の町で、アートとともに共存し、芸術家がコミュニティを作り活動している街です。週末になるとカフェ&アートギャラリーを備えるメークローン川沿いの陶磁器工房は、国内外を問わず多くの観光客で賑わいます。
ラーチャブリーに隣接するサムットソンクラーム県は、国内有数の塩の産地であり、アンパワーやその周辺の景観、そこに住む人々のどこか懐かしい暮らしぶりが注目され、日本映画「七夜待」のロケ地にもなりました。ボートクルーズで巡る川沿いに、軒を連ねる民家や金~日曜日及び祝日に開かれる水上マーケット、メークローン川のホタル鑑賞(5月から10月期)、テレビなどでよく紹介される鉄道の線路上で開かれるメークローン市場などが主な見どころです。

メークローン市場
©iStock.com/sihasakprachum

アンパワーの川沿いには、民宿からリゾートまで各種宿泊施設も点在しており、都会の喧騒を離れて静かなひとときを過ごすことができます。バンコクからメークローン市場へ行くには、国鉄「ウォンウィエンヤイ駅」から「マハーチャイ駅」行きに終点まで乗車します。終着駅に着いたら「バーンレーム駅」へ移動し、市場に向かう列車に乗り換えます。
サムットプラカーン県にあるムアンボーラーン(古代都市公園)は、タイの国土を縮小した野外博物館です。タイ国内の寺院や王宮をミニチュアにしたテーマパークです。アユタヤやスコータイの遺跡が実物と同じ配置で展示されており、まるでガリバーのような巨人になった気分を味わえます。また、同県はスワンナプーム国際空港なども有する産業地帯として開発されています。

クレット島

クレット島は、アユタヤ王朝のターイサ王(在位1708-1832)時代、周辺を流れるチャオプラヤー川の一角を掘削工事した際に誕生した町でしたが、その後、川の流れによって次第に陸から離れて現在のような中州、川のなかの「島」の状態になりました。アユタヤ王朝末期からバンコク王朝初期にかけてモン族が移り住むようになり、現在のワット・パラマイ・イカーやワット・パイロームなどアユタヤ様式の寺院などを建て、先祖代々から伝わる陶器やお菓子づくりで生計を立ててきました。現在も、バーン・カノムタイをはじめとした島内の菓子店では伝統的なお菓子づくり、また焼き物センターではタイで初めてつくられた耐火煉瓦製の窯をそれぞれ見学することができます。

ケーンクラチャン国立公園

ケーンクラチャン国立公園は、ケーンクラチャンはタナオスィー山脈全体とペッチャブリ県西部からプラチュアップキリカーン県ホアヒンに至るまでの広範囲をカバーするタイ最大の国立公園。多様な大自然の源で、この地域の主要河川であるペッチャブリ川とプランブリ川の源泉です。豊かな雨が作り出した多種多様な植物相や動物相で構成されています。乾生フタバガキ、混生落葉樹、乾生常緑樹、山岳常緑樹など幾種かの森林があります。